【島田洋七】今の自宅は佐賀県佐賀市【300坪の大豪邸】

島田洋七さんって、今はどこに住んでいるんだろう…。

 

佐賀県出身みたいだけど、佐賀県で暮らしているのかなぁ…。

 

どんな生活をしているんだろう?

このような疑問に答える記事です。

 

この記事の内容
・島田洋七さんが、住んでいるところがわかる
・島田洋七さんの、ライフスタイルがわかる

1980年代に漫才コンビ・B&Bとして、一世を風靡した島田洋七さん。

当時の洋七さんは、月収1億円と言われていました。

その後漫才コンビ・B&Bは解散。2000年代には著書「佐賀のがばいばあちゃん」がベストセラーになります。ビートたけしさんの親友としても有名です。

最近は、どのような生活をしているのでしょうか。

どこに住んでいるのでしょうか。

詳しく調べてみました。ぜひ最後まで読んでください。

 

【島田洋七】今の自宅は佐賀県佐賀市【300坪の大豪邸】

島田洋七さんは、現在、佐賀県佐賀市に住んでいます。

移住のきっかけは母の介護。奥さんが洋七さんの母の看病のため、実家のある佐賀県に通っていました。

東京から佐賀を往復する奥さんが大変そうだったので、自分が移住すればいいと決断。

2001年に佐賀県に自宅を建てて、移住しました。

佐賀県に移住したのは、島田洋七さんが50歳の時です。

佐賀の自宅は、敷地300坪の大豪邸

佐賀県佐賀市に300坪の土地の購入。平屋の日本家屋を建築しました。

田んぼに囲まれていて、近くに大きな川があることを条件として選んだ場所です。

佐賀県佐賀市東与賀町、444号線沿い。

 

近所の誰もが洋七さんの家を知っています。佐賀市の観光名所にもなっていて観光バスが止まるぐらいだとか。

自宅の場所は隠しているわけではなく、取材等があった場合、包み隠さず情報を公開しています。

佐賀県の田舎でスローライフを満喫

島田洋七さんは、奥さんと2匹のワンちゃんと暮らしています。

佐賀県の自宅は、理想の田舎暮らしができるように作られています。

家の中には、かまど、囲炉裏、土間があります。

庭には露天風呂。 庭の畑ではたくさんの野菜を育てています。

仕事は佐賀県の自宅から全国へ

佐賀県佐賀市の自宅は交通の便も考えて場所を選んでいます。

自宅から佐賀空港や佐賀駅までは、車で15分~20分程度。

新幹線が停車する新鳥栖駅や高速道路にも近く、全国への移動には困りません。

年間の100本以上の講演

佐賀県に住みながら、仕事で全国を飛び回っています。

島田洋七さんは、年間120~130本の講演会を精力的にこなしています。

現在も年収は1億円超えだとか。

収入源は講演会と著書(がばいばあちゃん)の印税が中心になっています。

まとめ

・2001年に佐賀県佐賀市に移住。きっかけは母親が倒れたこと。介護のために地元佐賀県に移住。国道444号線沿い。

・300坪の土地に平屋の日本家屋を建築。島田洋七さんが50歳の時。

・家の中には、かまど、囲炉裏、土間がある。庭には露天風呂。 庭の畑には野菜を植えている。

・佐賀県に住み、仕事で全国を飛び回っている。年間120~130本の講演会をこなす。

・現在も年収は1億円超え。収入源は講演会と著書(佐賀のがばいばあちゃん)の印税。

タイトルとURLをコピーしました