長嶋茂雄元監督、救急搬送され入院【入院先は東京女子医大が有力】

 

長嶋茂雄元監督が緊急搬送されたらしい…。

 

どこの病院に入院したのだろう…。

 

心配だなぁ…。容態は大丈夫なのかな?

このような疑問に答える記事です。

 

この記事の内容
・長嶋さんの入院先の病院がわかる
・長嶋さんの容態がわかる

長嶋茂雄元監督が脳出血により、救急搬送されていたというニュースが報じられました。

状況は次のとおり。

  • 頭痛を訴え、搬送された
  • 意識は、はっきりしている
  • 命に関わる状況ではない

意識があり、命に係わる状況ではないので、ひと安心です。

 

【追加情報】9/7に報じられた情報です。救急車で病院に搬送された際には、脳内に出血があった。早期に処置を行ったため重篤な状態にななっていない。

ただ、高齢なこともあり、今後の回復が気になります。長嶋さんは、現在86歳です。

長嶋茂雄元監督の入院先や容態について、調べました。

ぜひ最後まで読み進めてください。

 

長嶋茂雄元監督、救急搬送され入院【入院先は東京女子医大が有力】

長嶋茂雄元監督は、都内にある大学病院に入院したと報じられています。

都内には大学病院が、数多くあります。

長嶋さんは田園調布在住。田園調布の近くにも複数の緊急外来の病院があります。

入院先としては、過去に入院した東京女子医大の可能性が高いです。

 

別の病院に緊急搬送された可能性はありますが、その後、東京女子医大病院に転院していると思われます。

※入院先の病院名は、現時点では報道されていません。

長嶋元監督の容態

長嶋元監督の詳しい病状等は、報道されていません。

診断の見通しが立つまで、数日かかるとのこと。

長嶋さんは2004年3月に脳梗塞を患いました。今回も頭痛ということなので、脳梗塞との関係が気になります。

入院期間が長くなる可能性あり

今年で長嶋さんは86歳。

高齢のため入院期間が長くなるかもしれませんが、焦らずにじっくりと治療して欲しいものです。

回復した元気な姿を球場で見たいですね。

まとめ

・報道の記事では都内にある大学病院と説明されている。

・過去に長嶋さんは東京女子医大病院に入院したことがある。

・今回も東京女子医大である可能性が高い。

タイトルとURLをコピーしました